Amazon限定ペンタブ購入特典 openCanvasプレゼント

ごきげんよう。サイコです。
先日コスプレ写真の加工用にペンタブを新調しました。

XP-Penのペンタブ購入でイラストソフトがもらえる

opencanvas-present

XP-PenのペンタブレットDECO01を購入しました。
A5ノート大の描画エリアで、コスプレ写真の加工には十分なサイズです。

参考:コスプレ加工に”ちょうど良い”シンプル機能ペンタブ

AmazonでXP-Pen DECO01を購入するとペイントソフトのopenCanvasがもらえます。
openCanvasは定番イラストソフトのひとつです。
イラストソフトを持っていないならダウンロードしておいて損はありません。

ダウンロード方法

XP-Penのカスタマーサポートにamazonでの注文番号を送ります。
ダウンロード用URLとシリアルコードが発行されます。

ダウンロードし起動すると「試用版」か「シリアルコード入力」か選ぶ画面が表示されます。
シリアルコードを選択し、「次へ」をクリックします。
左側に「試用」ボタンが表示されて紛らわしいですが、「次へ」を押し続けます。

シリアルコードが認証されると一度ソフトが閉じられ、再度立ち上がり使えるようになります。

機能制限なし

バンドル版ですが、機能制限はありません
通常のopenCanvasと同じものです。

作業画面

openCanvasの画面はペイントソフトSAIに似ています。


DECO01で試し描きをしました。
8192レベル筆圧によるペン先の入り・抜きは滑らか。
混色の反応も早いです。


openCanvasのメリットのひとつは資料ウィンドウです。
ペイントソフトを選ぶ際に検討するべき機能です。
openCanvasではプラグインなしで最初から使うことができます。

イラストを描く際に資料ウィンドウがあると作業がスムーズです。
資料だけでなく、ウィンドウ自体の拡大・縮小もできます。

作業画面の録画

ファイルタブにある「イベントを保存」は作業画面の動画を作成する機能です。
無料ソフトでは作業ログの動画作成ができないのですが、openCanvasは元々6800円の有料ソフトなだけあって録画機能も備えています。
お絵かき作業の動画を作成するには録画機能は必須です。

作業画面の動画を作成する方法

  1. 絵が描けたら、ファイルタブの「イベントを保存」をクリックする。

  2. これまでに描いた作業の記録データが保存されます。
    イベントファイルと呼びます。

  3. 作業データを開く。
  4. 保存したイベントファイルはまだ動画になっていません。
    インターネット上にアップするには、gifデータに変換する必要があります。
    保存したイベントファイルをopenCanvasで開くと、自動的にgifデータに変換されます。
    重いデータほど変換に時間がかかります。

    opencanvasイベント

    openCanvasイベント


    このgifデータは変換に3分ほどかかりました。

openCanvasの使用感

アプリケーションの立ち上がりが早いです。
全体の動作は軽快で、重くなりがちな「フィルタ」のプレビューすら即座に反映されます。

画面構成はSAIに似ています。
SAI、もしくはSAIに似た構成のfire alpacaを使用したことがあれば使用に困ることはないでしょう。

ブラシの設定ウィンドウはopenCanvasの方が使いやすいです。
ブラシプレビューの下に「ブラシサイズ」「最小サイズ」「濃度」「混色」「影響距離」のスライダーが並びます。
スライダーを動かすと、ペン先とストロークが同時にプレビューされ、描いた状態が把握できます。

高機能な無料ペイントソフトが増えましたが、使い心地は有償リリースの製品に適いません。
ブラシ設定のプレビューと資料ウィンドウは”かゆいところに手が届く”作りですね。

それではごきげんよう。
╋┼サイコ┼╋


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です