【ポートレート】ロリィタ ゴブラン織りコルセットとMetamorphoseSK

ごきげんよう、サイコです。
前回のロリィタポートレートを撮って頂いたカメラマンのrurouさんに、今度はコルセットと黒薔薇スカートのコーディネートで撮影いただきました。
上下はカジュアルな組み合わせながらもゴブラン織りがクラシックな雰囲気を底上げし、落ち着いた雰囲気になっています。

スタジオはPhotoplusスタジオですが、ベッドにかかる天蓋の使い方で楽しい発見がありました。

ロリィタ ゴブラン織りコルセット

コルセットは友人からもらったデンジャラスヌードのもの。
縁取りの飾りが白黒ストライプでロックな雰囲気もあり、パンツスタイルにも似合います。

 

鏡写しの巻。
鏡を活かしたポーズは研究課題です。
 

このコーデにパステルカラーのマカロンソファーはかわいすぎるかなと思いましたが、ブラウスが乙女系のためあまり浮いた感じはしませんね。

 

PhotoPlus スタジオに天蓋があるのですが、レフ板兼小道具として活躍してくれました。

画面がぱっと明るくなって感動です。

こちら、イケメンアイドルがよくやるポーズです。

ゴシックの人の顔してますね。

ちらっとふりむく姿や、一部隠れている写真にひかれます。

 

続きまして天蓋のドレープで画面の動きを作り出した作品をご覧ください。

 
天蓋を引っ張ってきただけで、ぐっと奥行きが増しています。

白いためレフ板の効果もあり、画面全体が明るくなりました。
しかも通常のレフ板を直接当てるよりも柔らかい光になり、ロリィタにぴったりの雰囲気でカメラマンさん共々大盛り上がり。

最初はベッド横のスツールに腰掛け、横にあった天蓋を纏ったら可愛いかもしれないなあと、使ってみたところ予想外の効果が出ました。
どんな場所も隠されたポテンシャルがありますね。
 
metamorhpose12

デパートの受付嬢の姿勢を思いながらポーズを取りました。
そしてドヤ顔。

metamorhpose11

metamorhpose10

metamorhpose9

metamorhpose8

metamorhpose7

metamorhpose6

ちょっと澄ました表情とポーズ。

metamorhpose5

metamorhpose4

metamorhpose1

夢見るロリィタちゃん。

metamorhpose3

若干伏し目がちにするのが好きです。

metamorhpose2

齢数百のロリババア魔女の感。
「主人公よ、おまえの来る頃だと思っていたぞ」と宣うタイプの魔女だと思います。

 

7月7日(日) PhotoPlus撮影会
Photo: rurou (Twitter: @sasuraist)
スタジオ: PhotoPlusスタジオ

 

衣装

ブラウス: Riccimie by Tinsley Mortimer
スカート: metamorphose 黒薔薇フロッキープリント
コルセット: デンジャラスヌード 薔薇柄ゴブラン織
靴: スタジオ備品

撮影会情報

PhotoPlus撮影会

7~9月のPhotoPlus撮影会は、新人ピックアップでサイコさんの枠が3000円オフです。

サイコのプロフィールページ

 

撮影こぼれ話

もう書いてしまいましたが、ベッドの天蓋がいい仕事してくれました。

まぶしい光ではなくて、ふわっと軽い光をスタジオ全体にまぶしたようなレフ版効果がありました。

私の好きな写真家のひとりにHASEOさん(@haseo0409)がいますが、彼の作品には空間を飾る道具として布がたびたび登場します。

なんとなくかっこいいと思っていたHASEOさんの写真がかっこいい理由の一部を、天蓋の布で作る画面によって気づきました。
布の動きで画面を作ると、豪華でしなやかな空気を醸し出せるんですね。
流線型は女性の優美さを出すというファッションの原則もなるほどと実感し、点で理解していた理屈を一気に線でつなげた撮影会でした。
カメラマンのrurouさんに感謝です。

いつも固い表情になりがちですが、かわいさを意識した表情とポーズを前回よりも出せるようになりました。
自分を可愛く見せる方法も身につけた方がいいと思い、笑い方や顔の筋肉の使い方を変える実験をしています。
職場のお姉様に「かわいくなった~」と褒められたので、やり方は間違ってないのだと信じて続けます。

 

それではごきげんよう。
 
サイコ


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です