日差しに負けない白肌作り―原末ビタミンCと日焼け止めの使い分け

ごきげんよう、サイコです。
夏の最大のコスプレイベントといえば、名古屋のコスプレサミット、東京のコミケですね。
どちらも屋外で、日差しがさんさんと照りつける過酷な環境です。
なによりコスプレイヤーにとって恐ろしいのは日焼け。

日常生活でも油断しているとすぐに焼けてしまいます。通勤通学の短い時間でも毎日積み重なれば、確実に焼けてしまいます。

今回は色白で通っている私が行っている日焼け対策についてです。

日焼け対策の王者 ビタミンC

ビタミンCの粉末の良さはこのブログでも何度も繰り返しますが、最強の日焼け防止サプリです。

ドラッグストアで買えますが、アマゾンでも購入できます。
場合によってはアマゾンの方が安いです。
Amazon イワキ ビタミンC原末
200gのボトルから試して、続けられそうなら500gのボトルを購入するのをおすすめします。
最強のコスパサプリです。

「原末は酸っぱそう…」と思うかもしれませんが、レモン味のタブレットなどのお菓子が食べられる人は美味しく頂けると思います。
たまにレモンの代わりに紅茶に入れたりしています。
妙な言い方ですが、サプリには珍しいことに美味しいです。

実は私、週末に弓道をしています。
屋根のあるところで弓を引く時間よりも、屋外にいる時間が長いので、当然日焼けします。

ですが、屋外スポーツをしているわりに焼けはしません。
参考に最も露出の多い、うる星やつらのラムちゃんのコスプレをご覧ください。

うる星やつら-ラム-コスプレ2

屋外に一日いた大会直後です。
タンクトップの形に沿って腕が日焼けしていますが、この程度の日焼けで収まっているのは主にビタミンCの効果かと思います。

日焼け止め

よく聞かれるのが日焼け止めです。
特にこのメーカーじゃなくちゃダメ!ということはありませんが、SPF値の使い分けは必須です。

「一番効果の強そうなSPF50がいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、肌のためには50を毎日つけるのはNGです。
効果の強い薬に副作用があるように、SPF値の高い日焼け止めは肌への刺激が強くなります。
屋外レジャーで日光を直接浴びる日以外は、SPF値の低いもので充分です。

愛用しているのはニベアのジェルタイプの日焼け止めです。
ニベアサン プロテクトウォータージェル
売ってないドラッグストアはないんじゃないかというくらいの定番商品です。

日焼け止め特有の油分によるベタつきがないので、お化粧がしやすいので、毎日使う日焼け止めにぴったりです。

しかし「○○の日焼け止めがすごい!」みたいな取り上げられ方はされないんですよね。
類似のジェルタイプ日焼け止めと比べても、さらっと肌に馴染む速度が速くて優秀なのですが。

塗り直し用日焼け止め

メイク前に仕込んだジェルタイプをまた重ねるのは難しいですよね。
そこでスプレータイプの登場です。

Amazon コーセー サンカット

小さい50gと大きい90gがあります。
大きい方でもさほどの荷物にならないので、大きい方を使っています。

汗をかいて日焼け止めが落ちた……と感じたらすぐにシュッと吹き付けます。
髪の毛も日焼けするので頭から被るように噴射するのがサイコ流の付け方です。
スプレータイプはちゃんと塗られているのか気になりますが、虫除けスプレーをつける要領で行えばOKです。
首の後ろは塗り残しやすいので入念に!耳も盲点です。

 

まとめ

日焼けするな〜と不安に思っていると、自信が持てないで顔が盛れなくなるので、イベントでの日焼け対策は入念に行っています。

ここで紹介したビタミンCの原末と日焼け止めの効果の証拠は、私、サイコさんの肌です。

良いと思わなければこんなに繰り返して記事にしませんので!

ビタミンCは朝晩ひとさじずつ、日焼け止めはまめに塗り直し。
ほんの少しの心掛けで変わるのでお試しくださいませ。

それではごきげんよう。
✛サイコ✛


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です