青クマ対策にDHCの鉄分サプリ1ヶ月飲んで本当のクマの要因が判明した

ごきげんよう、サイコです。

子供のころから目の下のクマに悩まされ、クマ改善を多数行ってきました。

以前は別のサプリメントを飲んで効果がありませんでしたが、DHCの鉄分サプリメントは血行改善に効果が見られました。

寝ればクマが消えるとは限らない

寝不足でクマが出るのは間違いありませんが、睡眠をとったからといってクマが消えるとは限りません。

血行不良で生じるクマは“青クマ”といわれ、目元の血の巡りが悪くなり、新鮮な血が上手に回らずに古い血が溜まった状態です。

青クマの要因その1 眼精疲労

「睡眠は十分とっているのに、なぜか青クマが消えない」という場合は、睡眠以外で目が疲れている可能性があります。

常にPC・スマホを凝視する生活をしているとか、コンタクトの度数が合っていないとか・・・。

目の疲れとダメージが回復する速度よりも早く目を痛めていたら血行不良となり、青クマになりやすいです。

青クマの要因その2 皮膚が薄い

生まれつき目の下の皮膚が薄く、血管が透けやすい場合もあります。

どよーんと目の下全体が暗い青クマに加え、血管の青筋があるなら皮膚の薄さも要因のひとつです。

鉄分サプリの実感

DHC ヘム鉄

私は眼精疲労と皮膚が薄いのダブルパンチでした。

目の周りの筋肉を鍛えて涙袋が出来るようになってもクマが解消されず、わらにもすがる思いでサプリメントを飲みました。

鉄分のなかでも、ヘム鉄は身体への吸収がよいので美容のために飲むならヘム鉄のサプリメントが候補になります。

DHCのサプリメントはドラッグストアのPBブランド商品に負けないコストパフォーマンスを発揮します。

Amazonはサイズが豊富で、しかもドラッグストアより数10円ほど安いです。

消えた青クマ、見えてきた茶クマ

DHCの鉄分サプリは毎日朝夕1錠ですが、少しの間サボってしまったので現在は飲み始めて1ヶ月半くらいです。

目の下の色が以前と変わり、赤みが強くなりました。

鉄分によって血行が改善されて青みが薄くなりました。

しかし赤みが出てきたということは、青クマと一緒に”茶クマ”が存在していたのです。

茶クマは目元のこすりすぎが要因で生じるクマのことですね。

長年青クマを消したいとばかり思っていましたが、茶クマが判明したのでもっと優しく丁寧にメイクを落とそうと決心しました。

ちなみに青クマはコンシーラーで隠しにくいものの、茶クマはコンシーラーで隠しやすいタイプです。

「最近コンシーラーでクマが隠れる!」と思ったのは気のせいではなかったようです。

もともと貧血~貧血気味の診断をされるほど血が薄く、生理のタイミングもずれやすい身体なので、鉄分を補う方法は一層効果があったのかもしれません。

貧血と言っても気絶するほどのことはないので、鉄分のおかげで体調改善という自覚は薄いのですが。

それではごきげんよう。

╋┼サイコ┼╋


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です