【Photoshop】サークルカットの作り方

ごきげんよう、サイコです。

2月になりましたね。夏コミの申し込み開始です。

余裕だと思っている直前に慌ててしまうのが常。

なにせサイコさんにとっては初めてのサークル参加申請です。

13時にパソコンの前で待機して13時の受付開始と同時に申し込みました。

おそらく初めての申し込みでの難所はサークルカットをどうやって作るのか。

Circle.msのコミケオンライン申し込みフォームでテンプレートをPNGファイルでダウンロード出来ますが、意外なことに透過処理のされてないファイルです。
(PNGファイルは透過情報=背景が透けている状態が作れるファイル形式。)

このテンプレートを使って、コミケのサークルカットを作る手順を説明します。

透過処理をしてサークルカットを作成

使うソフト

Adobe Photoshop Elements

選択範囲の自動選択が出来るソフトなら、Elements以外のソフトでも今回の方法が使えます。

作成手順

1. PNGファイルをダウンロード

コミケのオンライン申し込みフォームからPNGファイルのテンプレートをダウンロード。

2. テンプレートをコピーして2枚のレイヤーを作成。

Elementsで開くと、ファイルが「背景」になっています。ダブルクリックしてレイヤーに変換。

枠線をコピーして2枚のレイヤーにします。(ショートカットキーはCtrl+J)

3. 枠線内を透明化

テンプレートの枠線だけを残して、内側を透けた状態にします。

透明にする、つまり透過です。

お絵描きする人たちがよく使う言葉ですね。画像を合成する際には必須です。

自動選択ツールで枠線内部を選択します。クリックすると自動的に枠線ギリギリまで選択してくれます。

次にメニューバーの「編集(E)」のプルダウンメニューから「カット(Ctrl+X)」を実行します。

内側の白い部分が切り取られ、透明になります。

4. 画像を挿入

サークルカットの画像を開く

2枚のレイヤーの間に、挿入したい画像を入れます。

まずは新規で挿入したい画像を開きます。

開いた画像を全選択(Ctrl+A)、コピー(Ctrl+C)。

コピーした画像を貼り付け

テンプレートの中に貼り付け、縮小、移動して位置を決めます……ですが、枠線にかからないように画像を正確に張り付けるのは難しい。

テンプレートを2枚にして、上側を透過した理由はこれです。

透過した枠を上から被せれば、正確に枠線の中に画像が収まります。

5. 文字入れ

サークルカットに画像とサークル名

右側の枠にはサークル名のみ入れることになっています。(申し込みの決まりです)

なお、ここに書いた頒布物は予定です。

6. サークルカット完成

C96-circlecut-web-psycho
サークルカット

一番上の枠線だけになっているレイヤーを表示すると、綺麗に枠線内に画像がはまり込んだサークルカットの完成です。

オンライン版カタログではカラーのカットが掲載されるので、これはこれで保存しておきます。

結合してグレースケール化
グレースケール化

オンライン申し込みでアップロードする際にはグレースケール化する必要があるので、「イメージ」のプルダウンメニューから「モード」、「グレースケール」を実行します。

7. サークルカット完成

make-circlecut

グレースケール化したサークルカットをPNG形式で保存して完成です。

アップロードしたら申し込み完了です。

※グレースケール化したサークルカットのアップロード後にオンラインカタログ用カラー版をアップロードするように誘導されます。
カラーはあってもなくても問題ありません。

PNG透過でサークルカット作成のまとめ

以上が枠線内に画像を挿入、グレースケール化までの手順でした。

つまりは綺麗に枠線の中に画像を収める方法なので、画像一般に使える汎用性の高いテクニックです。

複数の画像を合成したり、名刺を作ったりするときに活きますよ。

それではごきげんよう。

✚サイコ✚

使ったもの

Adobe Photoshop Elements 2019(最新)|日本語|Windows/Macintosh版


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です