フェリエ 肌に吸い付くフェイスシェーバー

ごきげんよう、サイコです。

今回は女性向けの記事、フェイスシェーバーについてです。

男性もメイクする人は、メイク前のケアとして必須な部分ですので、紹介するシェーバーはおすすめです。(パワーあり!)

フェイスシェーバー

現在、脱毛エステはミュゼに通っています。

脱毛エステに通う間はカミソリNGなんですよね。ミュゼをきっかけにシェーバーでケアするようになりました。

1カ月ほどカミソリを使わないと、肌(特に脇)の黒っぽさが軽くなってくるので、エステ通いをしない人にもシェーバーケアは推せます。

なお、露出度が高い衣装のときはシェーバー+カミソリで徹底的になくします(笑)

吸い付く剃り心地のオススメフェイスシェーバー

ヘッドが動く! フェリエ 白 ES-WF60-W

シェーバーフェリエ

絶賛愛用中のパナソニックのフェリエ。

見た目には普通のシェーバーですが、ヘッドを押すと……

フェリエシェーバー

曲がった!!

そう、このシェーバーはヘッドが曲がるのです。

わずかにスイングする動作のおかげで、顔の曲面にするっとなじんで1度で剃れるという仕組み。

シェーバー界の女王様フェリエの最新バージョンがこのタイプ。

※2019年6月現在、プライム会員セールで5パーセントオフ

秋葉原のヨドバシカメラで5000円くらいでしたが、全く同じものがamazon価格で3000円とちょっと。

やはり電化製品はamazonが一番安いですね。これほど価格が開くのは不思議ですが。

フェリエ シルバー ES-WF41-S

上記のタイプより以前に使っていたのは、ヘッドが固定されているタイプ。

※2019年6月現在、プライム会員セールで5パーセントオフ

ヘッドのスイングがないタイプを使っているときでさえ、刃の細やかさには感動していました。

こちらはヘッドが動かない分だけ少し安いのですが、私はヘッドスイング機能付きの快適さを推します。

メイク前にふと気になったら、お風呂でふと気になったら……とほぼ毎日使うものなので、使い心地が1000円で変わるなら断然良いものを使うことをお勧めします。

サイコさんは効率厨のオタクですが、それゆえに家電製品は値段を気にするよりは機能性で選ぶのが一番とこれまで散々amazonとヨドバシで家電を購入してきて感じました。

買っちゃいけないシェーバー

ニトリ

ニトリのシェーバー
ニトリのシェーバー

引越したてのころに、インテリアを揃えるついでに500円で購入。

細くて柔らかい顔の産毛をほとんど逃すような始末。

ざっくりと剃るだけのシェーバーとしてなら……と思って使いましたが、ヘッドが小さいのでボディ用にも使いにくい。

刃物は専門のところで、と教訓になりました。

おまけ 脱毛器

ソイエ

ミュゼの光脱毛をする前は、家庭用の脱毛器を使っていました。

当時は旧型のソイエでしたが、カミソリで剃るよりも長く保つし、お風呂で水に濡らしてもOKなので使い勝手は良かったです。

一度使うと脇なら1週間はカミソリ当てなくて良かったくらい。

ただ、毛をローラーに巻き込んで引っこ抜くので、肌は荒れました。

ぽつぽつと毛穴が盛り上がったり、埋没毛(毛穴が塞がった状態で、毛が伸びてしまう症状)が頻繁に起こりました。

脱毛の目的は綺麗な肌を作るため。そう考えると抜く脱毛器は目的に合わないのでNG。

使いこなせるのは、よほど皮膚が頑丈な人でしょうか。

シェーバーまとめ

フェイスシェーバーは実績のある信頼できるブランドを使うのが一番。

サイコさんはパナソニックが好きです。

それではごきげんよう。

✠サイコ✠


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です