型紙不要!ロリィタ仕様のすそフリルスカートの作り方

すそフリルのスカート HOW TO
フリルを下に追加していくとティアードスカートになります。

ごきげんよう、サイコです。

ただいま「東方project」のレミリアの衣装を制作中です。

すそフリルのスカート

こちらがレミリアのために制作したフリルスカート。
これはベースとして、装飾はのちほど追加していきます。

すそフリルのスカート

すそフリルのスカート


制作時間:2時間
なお、フリルを下に追加していくとティアードスカートになります。

コンセプト

レミリアの衣装のテーマは「エレガントロリータ」。
吸血鬼という人間以外の存在であることと、飛ぶことをイメージしたので軽くてハリのあるシャンタンを使っています。
運が良いことにレミリアにぴったりな色が見つかりました。

ポイント

ウエスト周りはひもです。あえてゴムは使いません。
ウエスト周りのもたつきを最小限にして、腰を細く見せるように工夫しています。

型紙不要のフリルスカートの作り方

このスカート、型紙は作らず、布を寸法通りに切っただけなのです。
パニエを一枚仕込むだけで膨らむので、ロリータ服にもぴったりな作り。

布の寸法

90cm幅の布を二つ折りにして、以下の寸法に切る。
多少ズレても仕上がりに大きな差は出ないので、思い切って切りましょう。

frill-skirt

【寸法】
45cm✕27cm 2枚(スカート)

45cm✕14.5cm 4枚(フリル)

45cm✕6cm 1枚(ウエストベルト)

45cm✕3cm 2枚(ウエストひも)

フリルのギャザーを寄せる。

縫う前に端処理しておきます。
洗濯時のほつれ防止のために、三つ折り仕上げにしています。

端処理が終わったら、2枚のスカートと、4枚のフリルをそれぞれ縫いつなげます。

フリルのギャザーを寄せます。
2本の糸でギャザーを寄せるのが均等に寄せるコツです。
これをするのとしないのでは手間が3倍違うので2本で寄せましょう。
frill-skirt

いちからスカートを作る際、フリルの長さに悩むかと思いますが、2倍が妥当です。
これもスカートに対して2倍の布でフリルを作っています。

ツイルなど固い生地でしたら、1.5~1.7倍程度がバランス良く見えます。

ギャザーを寄せる時は等分して合い印をつけておくと、均一に寄せられます。
frill-skirt

フリルとスカートを縫い合わせる。

特筆すべき事項はありませんが、丁寧に。

ウエストベルトとスカートを縫い合わせる。

ウエストベルトに合わせてギャザーを寄せます。
フリルとスカートのときと同じく、面倒でも合い印をつけておくと綺麗。ウエスト周りのギャザーは丁寧に行う方が見栄えします。

ウエストベルトとスカートを縫い合わせます。
ここまでフリルを縫い付けたのと同じ作業です。

最後に、この時点でようやく筒状に縫います。
筒状に縫い合わせるのは最後にした方が、楽にギャザーを均等に配置できます。

ひも通しの穴を開ける。

ボタンホール機能を使って、ひも通しの穴を作ります。
frill-skirt

ウエストベルトを内側に折り込み、縫う。

frill-skirt
ウエストの縫い代を内側にたたんで、縫う。

frill-skirt
ハイスピードで縫うとずれるのでゆっくり。

frill-skirt
表から見て、ウエストベルトの際ギリギリにミシンがかかっているならOK。

ウエストに通すひもを作る。

frill-skirt

寸法の図で示したように布で作っても、市販のロープを通しても構いません。

完成!

すそフリルのスカート

まとめ

きゅっとしてどかーんなシルエットのために、ウエストはひもを採用しました。
東方の衣装は盛り甲斐があって楽しいですねー。
レミフラ姉妹併せを予定しているので俄然張り切りますわ~。

それではごきげんよう。

コメント