眉下げメイク–濃い・高い・ツリ眉を目に近づける

眉下げメイク BEAUTY
サイコ式眉下げメイク

ごきげんよう。サイコです。
眉と目が近いと、自然と美人顔になりますよね。ああいう顔になりたいものです。

サイコさんは濃い・高い・ツリという眉毛三重苦です。

一般メイク雑誌でも、目と眉を近づけるメイクが人気ですね。
コスプレメイクも、どれだけ眉毛を目に近づけられるかが勝負のところがあります。

もとから眉が薄い人は眉の位置を変えることが簡単ですが、濃い眉毛の場合は、眉毛が二重に見えてしまったりします。
元々の眉山を無視して描くと、どうしても眉が二重に見えたり、眉山の筋肉の盛り上がりが不自然だったり。

眉と目をどうやって近づけている?

剃る

眉を剃ってしまって、肌がまっさらな状態で眉を描く。

私もずいぶんこの方法でメイクをしていました。
けれども、眉が濃いと剃ったあとがうっすら見えてしまいがち。
午後になり、コンシーラーが落ちてくると二刀流眉毛

テーピングで隠す

たま~に、眉毛にテーピングを貼って、その上から眉毛を描く人いますよね。
眉毛が剃れない事情はわかりますが、見た目が雑。
同行者がレタッチするときにムダな手間を作る要因にもなるので、褒められた方法ではないですね・・・。

目と離れている&三角形につり上がっている眉毛

サイコさんの地の眉毛ですが、濃くて、三角形につり上がっています。
濃くてツリ上がった眉毛

実際、画像の3倍は濃くて、放っておくと左右の眉毛がつながります。
両津勘吉か?

しかし眉間を剃れば、三角形が強調されます。

ドラゴンボールで見た顔。

つまり少年ジャンプ顔かな?

コンプレックスで、眉山を無理矢理下げたり、剃ったりといろいろしました。
ですけれど、元の位置を完全に無視すると、不自然の極み。
人相悪くなるし、理想の顔から遠くなるばかり・・・。
わたくしはエレガントな顔になりたいのです!

失敗を重ねてわかった重要なことは、眉山は無視しないこと。

つい、眉山を下げたくなりますよね。わかります。
ここを我慢して、眉山の位置は元の場所から動かさないのが違和感のないメイクのポイントです。

眉の位置を下げていく手順

眉下げメイク

サイコ式眉下げメイク

こちらがメイクによって眉毛を下げた状態です。
※補正アプリで眉いじってません。

眉を整えてスタート

  1. 眉毛を下に向かって梳かす
  2. アイブロウペンシルについているブラシでささっと下向きに梳かします。
    なるべく眉毛が下になるようにするためです。

  3. 眉尻を描く
  4. 「眉を下げるには下ラインから」と言いますが、私のようなツリ眉が眉頭の下から描くと、100%ツリ眉が強調される結果に終わります。

    まず、眉尻を心もち下へ設定します。いつも描くより下かな、くらいでOK。
    下げすぎると変な顔になりますので。

    下げ気味に設定した眉尻から、眉頭の方向へ向かって下ラインを描きます。
    自眉から2mm程度下に引いていきます。
    一気に描かず、眉毛の密集しているあたり(黒目より2mm程度鼻側に入ったところ)で止めます。
    眉頭は若干薄いのが自然な眉です。

    下が出来たら、眉尻の上側のラインを引きます。
    こっちは眉山あたりまで。

  5. 眉全体を作る
  6. ここから眉パウダーを使います。
    ペンシルだと濃くなってしまいがちです。

    眉尻のラインの中(三角形になっている状態のはず)をパウダーで埋めます。

    次に、眉下ラインに沿ってパウダーを全体につけていきます。

  7. 眉のエッジを削る
  8. ポンポンとスクリューブラシで押えるようになじませます。
    眉尻~眉山はしっかりラインを描いたので不自然に目立っていないか確認しましょう。
    特に眉山が濃くなりがちです。

  9. お好みで眉マスカラ
  10. 私の場合は眉マスカラをつけた方がなじみます。

メイクする→スクリューブラシで削る、この繰り返しで少しずつ眉毛を形成していきます。
削るといっても、梳かすとせっかく描いたラインが消えてしまうので、エッジをぼかす程度に、ブラシをぽんぽんするだけです。

ヘルプ

眉山が濃い場合

ラインの縁が濃いのが原因のひとつです。

スクリューブラシでポンポン軽くたたくようにして、エッジを削ります。
眉頭も濃くなりがちな部分なので、同様にエッジを削ってあげると自然な濃さになります。

つり上がる

元の眉頭がM字の可能性があります。

サイコさんも同じで、眉頭の毛がM字に生えています。
だから放っておくと両津勘吉になるんです・・・。

眉頭の位置を決めるときに、眉山の下ラインを平行に延長したときに来る位置を基準に調整しましょう。
眉間M字眉の場合、眉間に毛が生えすぎているので、眉頭の位置がわからなくなるのです。

まとめ

うまく目と眉が近づきましたら御喝采。
まずは、平行眉をやってみるのもコツかと存じます。

それでも「うまいこと出来ないよ~」というときはコメントやtwitter等でご質問ください。
同じM字眉でしたら一層力になれると思います。笑

ごきげんよう。サイコでした。

コメント