コスプレ用トルソーの選び方 3箇条

トルソーの選び方 REVIEW

ごきげんよう。サイコです。

洋裁歴は長いものの、トルソーをいままで使ったことがなく、憧れのものでした。
大きいし、ずっと出しっぱなしにすることになるだろうし……となかなか購入に踏み切れませんでした。
しかも、小さいサイズのトルソ-ほど高くなるんですよ。
サイコ氏、7号サイズなんですが、9以上~サイズの方が安くってがっくりきました。

ゆえに、入念に調べてからの購入でしたので、大変満足しています。
買って良かったー!

選び方

トルソーをなんのために使うのか。
これをはっきり言えるようにしましょう。

トルソーとマネキンの違い

まず、マネキンとトルソーの違いをはっきりさせましょう。
マネキンは洋服を着せるためのものです。つるつるした表面で、顔がついている場合もあります。
トルソーは洋裁用のボディです。基本的に「胴体」を意味します。オプションで手足がつくタイプも存在します。

洋裁がしたいなら調べるキーワードは「トルソー」でOK。
ですが、フリマの撮影用やディスプレイ用なら「マネキン」にした方が安上がりに済むこともあります。

通販ではどちらで検索してもひっかかるようにふたつを並べて表記してあったりするので混乱しますね。
洋裁がしたいなら、「トルソー」と検索するのが良いです。

トルソーの使用目的

私は「自分サイズのコスプレ衣装を作るため」と決めていました。

最近はメルカリなどに出品する服を撮影するためにトルソーを買う人も多いようですね。

洋裁をしたいのか、衣服・アクセサリーをかけるために使うのか。
ここで、選ぶべきトルソーが変わります。

「マネキンじゃなくて、トルソーの方がおしゃれ!」と、ディスプレイ用にトルソーを買いたい場合は特に注意点はありません。
デザイン性の高いトルソーはやっぱりカワイイし、テンション上がります。

「洋裁用」が欲しい人は、いくつか注意する点があります。

トルソー選びの3箇条

  • 腰の線がなめらか
  • 針が刺せる
  • サイズがぴったり以下である

これらの3つは必ず守りましょう。

腰の線がなめらか

「腰の線がなめらか」というのは、激安トルソーではスタイルが悪いものが多いので、それらを使わないためです。
「人間の腰はこんな形してないでしょう?!」と思う物は排除して正解です。
上下の分割線がはいっているものは間違いなくスタイルが悪いトルソーです。

針が刺せる

洋裁をするなら妥協できないところです。
「発砲スチロールボディ」を選べばまず失敗はありません。
発砲スチロール製でばくとも、表面に布が張ってあるなら、生地をすくうように針を刺すことができます。

サイズがぴったり以下である

コスプレ衣装は、スタイルをよく見せるためにぎっちぎちにウエストをしぼって作ったりしますよね。
ジャストサイズを作るならトルソーは自分の身体と同じか、ワンサイズ下を使いましょう。
もしトルソーのウエストを太くしたいならタオルを巻いて補正すれば大丈夫です。
トルソーのウエストを削ることは出来ませんが、太くすることは可能ですので、「サイズ以下」を使うのが良いです。

7000円以下 おすすめのトルソー

3箇条を満たす、7000円以下のモデルでおすすめのものをピックアップしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

トルソー マネキン 9号サイズ 木製脚猫脚
価格:6980円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)

憧れの猫足。パリのアパルトマンで布とメジャーがかかっている、そんな絵が思い浮かびます。
こちら、針がさせないことはないです。表面の布をすくうようにピンを刺すことが出来ます。
トルソーの土台が「FRP」という強化プラスチックで出来ているので、発泡スチロール製よりはずっと頑丈にできています。
仮止め程度の使い方や、布ではなくライオンボーを当てて形を見るのが目的なら、こちらのトルソーはお買い得です。
なによりおしゃれです。

サイズが9号なら、これは買いです。
針がさせるし、股もついています。
股ありのものは種類が少ないので、デザインやサイズが限られますが、これはおしゃれに見えますね。
部屋にあっても良い感じ。
股の部分を作るのは手間が大きいので、最初から分かれているものを使うのが吉です。

まとめ

トルソー選びの前に、絶対知っておいた方が良い3箇条でした。
特にサイズはシビアに、妥協せずに選びましょう。

私は7号サイズですが、9号よりは高くなります。
あまり売れないサイズほど値段が高くなるんですね。
小さめの5号にしてもよかったのですが、そうなると有名ブランドの3万円くらいのモデルになってしまう……。
初めてのトルソーで、その値段は冒険です……。

それでも、シビアに3つの条件を妥協せずに探した結果、満足できるトルソーに出会えました。
トルソーが目に入るたびにテンションが上がります。
「自分の作ったお洋服着てる! 自分の衣装最高!」と。
迷ってるなら、安価なモデルからでいいので買っちゃったらいいですよ。

コメント